楽譜編集ソフトFinaleの使い方

Finaleee-Finaleで楽譜を作りたい

finale 基本

棒や旗の向きが違う音符を入力した

投稿日:

2声体やdivisi的な表現をしたい場合音符の棒や旗の向きを変えたいと思う時があります。
finaleでは和音は基本的に一つの棒、旗にまとめられてしまうのでその処理を確認します。

レイヤー機能を使う

譜面ウィンドウの左下にレイヤー切り替えボタンがあります。
普段はレイヤー1になっていますが、これを1〜4の中で切り替えることで譜面に層的な表現が可能になります。

 

レイヤーとは?

いわゆる透明なシートが重なり合った状態のことです。

透かしの五線譜を4枚まで重ねられると考えてください。

同じ五線譜なのでレイヤーごとに違う楽器を割り当てたいとか機能的な面は難しいですが、見た目上の表現では可能ということです。

 

レイヤーの挙動

レイヤー1は基本的に5線譜の真ん中の線を中心に棒、旗の向きが決定されます。

しかしレイヤーを使った小節では、

  • レイヤー1は上向きの棒、旗
  • レイヤー2は下向きの棒、旗
  • レイヤー3は上向きの棒、旗
  • レイヤー4は下向きの棒、旗

に固定されます。

音符が交差してしまってもその挙動は変わりません。

棒、旗の向きを変える

棒、旗の向きを好きな方向に変更したい場合は、

その変更したい音符を選んでキーボードの「L」を押すことで上下の向きを変えることができます。

 

レイヤーと棒、旗の向きが自在に操れると楽譜表現の幅が大きく広がりますね。

-finale, 基本
-,

Copyright© Finaleee-Finaleで楽譜を作りたい , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.