楽譜編集ソフトFinaleの使い方

Finaleee-Finaleで楽譜を作りたい

finale 基本

和音の素早い入力方法

投稿日:

和音を入力するにはステップ入力ツール選択状態でマウスでぽちぽち・・・というのはあまりにも大変なのでショートカットキーを使うと早いです。

PCキーボードの上部の数字キーを使う

和音にしたい音符の一つ(例えば:ド)を選択した状態でパソコンのキーボードの上部に並んでいる数字キーを押すと、その選択した音符から押した数だけ離れた度数の和音を作ることができます。


(
ドに対して1234567890と入力した状態)
1は同度の和音を作っている。また9は3連符化、0は休符入力となる

 

 

また、Shift+上部の数字キーでは下に離れた度数の和音を作ることができます。


(
高いドに対して1234567890と入力した状態)
1と0は反応なし、9は9度の和音、と挙動も少し変わる

 

度数がすぐに分かればいいのだが、ややこしい時もある。そういうときはShift+音名を押すことでその音名の和音を追加することができる。

ただこれは入力待機状態の音が何になっているかで上下どちらの音が生成されるか異なるのでミスもある。しかし基本的には一番近い位置にできるため、1〜4度圏内ならこの方法でもミスはないだろう。

 

レイヤーを使った和音表現

他にはレイヤーを使って和音化することもできる。

譜面ウィンドウの左下にある「レイヤー」を切り替えるといわゆる声部を変更することができる。

一つの五線譜に棒の向きが違う音符を書くことができるわけだ。

途中から音符を入れたい時はレイヤー2に休符を入力してその休符をキーボードの「H」を押すことで非表示化させることで表現する。

画面には薄っすら見えているが印刷時はPDF等にはこの休符は表示されないので便利。

 

-finale, 基本
-

Copyright© Finaleee-Finaleで楽譜を作りたい , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.