楽譜編集ソフトFinaleの使い方

Finaleee-Finaleで楽譜を作りたい

finale 基本

小節に拍数外の音符を入力する

更新日:

finaleでは例えば4分の4拍子の小節には4分音符4個分の音符しか入力できないよう制限がかかっています。

しかし作編曲をしながらだとこの制限が結構邪魔ということがあると思います。
拍数外の音符を入力して後から数を調節した方が作業がやりやすいことも多いですよね。

設定してある拍数より多くの音符を入れると表示は崩れるけど色々便利です。

余分な白をチェックする

音符を入力できる状態にします(ステップ入力ツール選択状態)

その状態でステップ入力→ステップ入力オプションを選択。

「余分な拍をチェックする」のチェックを外して「OK」を選択。

これで小節内に余分な音符をいくらでもぶち込めるようになりました。

それから、小節内に音符が埋まってない状態で次の小節に移動してしまったとき、勝手に休符が挿入されてしまうのを解除するために

「未入力の拍は休符で埋める」のチェックも外してしまうのもいいかもしれないですね。

-finale, 基本
-,

Copyright© Finaleee-Finaleで楽譜を作りたい , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.