楽譜編集ソフトFinaleの使い方

Finaleee-Finaleで楽譜を作りたい

finale 基本

音符を素早く入力する

投稿日:

finaleで音符を入力するためには、ツールより8分音符のマーク(ステップ入力ツール)を選択します。

マウスで入力する

譜面にマウスを持って行ってクリックをするとその位置にその音価の音符を入力できます。

ただこれだとかなり作業が面倒臭い。
ということでマウスで入力するのは、音符を入力する位置を決めるためだけで、あとは基本的にパソコンのキーボードで入力していくのが早いです。

音符を消す時はbackspaceキーです。文字を打つのと似てますね。

 

パソコンのキーボードで入力する

ステップ入力ツールの場合は「A」「B」「C」「D」「E」「F」「G」がそれぞれの「ラ」「シ」「ド」「レ」「ミ」「ファ」「ソ」に対応しています。ただし、今の入力待機状態(紫色)の音から近い位置の音高に入力されてしまいますので、跳躍進行の時は矢印キーの「↑」「↓」を使って音を近づけておいてあげる必要があります。

慣れてくるとそんなに苦ではないのですが、最初は少し戸惑うかもしれません。

ちょっとしたショートカット

音符の待機状態を矢印キーで移動させるとき、1度ずつぽちぽちと何度も矢印キーを押すのは少し手間です。そういうときは

Shift + 「↑/↓」

音符を1オクターブずつ移動することができます。

入力待機状態の音符でも、選択中の音符でも、これで1オクターブ飛ばして移動できるので楽です。

 

休符を入力する

マウスで休符を入力するのはかなり面倒なので、ショートカットキーを覚えましょう。

キーボードの「R」:音符/休符を変更

音符を選択している状態で「R」を押したらその音符はその音価のまま休符化します。逆も同じですね。

一応マウスで音符を右クリックすると・・・。

音符/休符の変換もできますが、使ったことありません。

 

狙った音符を選択状態にする

finaleを使っていてよくやるミスは、例えば8分音符に対して4分音符を上書きしてしまったり、選択しようとしたら音符からマウスがずれてしまって誤った音符を入力してしまうことだと思います。

これ何かとイライラしますよね、しかも一度や二度ではすまない。何度も起こる。

ということで狙った音符をしっかりと選択するためのキーを覚えましょう。

alt + 狙った音符の近くをクリック

altを押しながら狙った音符の近くをクリックすると選択状態にすることができます。

とても大切な技なので活用してみましょう。

 

-finale, 基本
-

Copyright© Finaleee-Finaleで楽譜を作りたい , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.