楽譜編集ソフトFinaleの使い方

Finaleee-Finaleで楽譜を作りたい

finale 基本

移調楽器の扱い方|見え方とプレイバック

投稿日:

Finaleで移調楽器を扱っていると、移調楽器の楽譜上の見た目とプレイバックの音が違ったり、音部記号等、どこをどういじったらまともな設定になるのかわからないことが多かったのでまとめて見ました。

  • 移調楽器を実音で表示
  • スコア・マネージャーの大切さ

移調楽器を実音で表示する

Finaleでは移調楽器を実音で表示する機能があります。

「書類」→「移調楽器を実音で表示」をすることで、移調楽器を実音で表示してくれます。

このとき気をつけなければならないのが、音部記号がどうなっているか確認することです。
実音で表示しているつもりになって音部記号を見てみると初期設定からオクターブ上げ、オクターブ下げの記号がついている可能性もあります。

それから楽譜が完成したあとにこの実音表示を解除しないと行けないので忘れないようにしましょう。

 

スコア・マネージャーの大切さ

移調楽器を自分が扱いやすいように移調して編集したいと思うとき、私は最初移調ツールを使っていちいち全体を移調して編集していました。

ただこの方法、後々ミスが起きやすく、手間だなーと思っていたのですが、スコア・マネージャーという機能がそういった諸々の設定を行なっていることがわかり楽になりました。

スコア・マネージャーでは楽譜のタイトルや作編曲者、著作権情報、楽器の設定諸々のデータをまとめて扱っています。
ここの部分をいじることで全体の設定として反映することができます。

例えばタイトルを変えたい時、テキストツールを使ってタイトルを書き直すと、それは新しいテキストとして置かれてしまい、あとで再利用できません。再利用というのは他のページにタイトルを入れようとしたときに、いちいち全部のタイトルを書いていくのではなく、タイトルの複製を置いていくことで、全てのタイトルを同時に編集することができるということです。

そういったまとめて編集したいデータを設定する場所がスコア・マネージャーです。

 

「ウィンドウ」→「スコア・マネージャー」からスコアマネージャーのウィンドウが開けます。

「ファイル情報」からはタイトルやサブタイトル、作編曲などの情報をいじれます。
ここを変更することで、楽譜全体の情報が切り替わります。

 

上部タブから「楽器リスト」を選ぶことで楽器の情報をいじれます。
情報を設定したい楽器をリストから選んで下部で情報を設定していきます。

楽譜の左側に表示される楽器の名前や省略名などもいじれるのでいじって見ましょう。

移調楽器の設定

右下の部分から移調楽器の設定を行います。

「移調楽器」のリストから選んでください。

(E♭)と書いてあったら、E♭の音がCの音で出ますよーという意味。

 

移調楽器の考え方について頭がよくこんがらがるのでまとめておきます。

書いてある音→実際出る音 : 書いてある音→実際出る音
(B♭)   →(C)       :(E♭)    →(?)

B♭管でE♭と書いてある音を出すと・・・・B♭→CということはE♭→Fですね。

試験に出るので覚えて起きましょう。どうでもいいですね。

 

ここを書き換えることで移調楽器全体を設定していけるので、移調ツールとはしばしおさらばすることができます。

Finaleで楽譜を作る中心となる情報を扱う場所なので、ここをうまく使いこなして楽譜を作っていきましょう。

 

 

-finale, 基本
-,

Copyright© Finaleee-Finaleで楽譜を作りたい , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.